障害に対する詳しい知識情報

システム障害について

システム障害は、さまざまな要因が重なって、インターネットを利用したシステムが誤作動または動かなくなることをいいます。
単純なシステム障害として、文字がうまく表記されないなどが挙げられます。システム障害の一因として、ウイルス感染によるものがあります。パソコンを通じて、システムそのものがウイルスに感染してしまい、誤作動を引き起こすのです。システム障害でもっとも大きな影響を受けるのは、証券会社などの投資においてです。ほとんどのトレーディングがインターネットを通じて行われていることと、管理そのものを大きなシステムで行っています。証券会社でシステム障害が発生すると、顧客に多大な損失を与えることがあります。
相場は生き物であり、システム障害によって価格情報の遅延が起こると、投資家にとっては致命的ともいえます。したがってオンライントレードを導入している証券会社では、システム障害に細心の注意をはらっています。証券会社の場合、取引が殺到するとシステムがそれを処理しきれなくなることがあります。
これもシステム障害の一因と考えていいでしょう。予想を超えた値動きをしたとき、証券会社のシステム障害が起こりやすいといえます。

ストレス障害について

心的外傷後ストレス障害は、一般的にPTSDと呼ばれます。心に加えられた衝撃的なできごとが精神的な傷となり、後にさまざまなストレス障害を引き起こす疾患のことです。心の傷のことをトラウマといいますが、心的外傷後ストレス障害ではトラウマが引き金となることが少なくありません。
トラウマには事故や災害によって引き起こされるものと、虐待などのように慢性的に繰り返された結果として起こるものがあります。どちらのトラウマも、心的外傷後ストレス障害の一因となっていて、さまざまなストレス障害を克服するには、トラウマを取り除くことから始めなければなりません。
心的外傷後ストレス障害の診断基準は、次にあげる症状が1ヶ月以上続いている場合です。まず精神的不安定による不眠などの症状です。強い不安感から不眠状態になったり、夜中に何度も覚醒したりする症状のことです。次に、トラウマの原因になった障害や、関連することがら全部に対して逃げようとする傾向です。第三に、トラウマの原因となったできごとが、いかにもその場で起こったように感じることです。人は強い衝撃を受けると、一時的にパニックを引き起こし、その後に一時的な忘却で自分を守ろうとします。

パニック障害について

パニック障害は不安障害のひとつで、以前は不安神経症といわれていました。しかし、薬物療法の有効性と、いくつかの物質の投与でパニックの発作が起こることから、パニック障害といわれるようになりました。パニック障害の中心的な症状は、激しい不安です。言いようのない不安が、さまざまな身体症状を引き起こすのが、急性のパニック障害の症状です。ほかの病気と重なっている症状も多いため、パニック障害と診断されるまでに多くの医師を訪問する患者も少なくありません。医学的な検査で何も異常がなく、繰り返し、持続的にさまざまな身体症状がでる場合に、パニック障害を疑います。
パニック障害の発作でもっとも多いのは、動悸や息切れなどです。これらは心臓疾患と間違えられることがしばしばあり、検査を受けても内科的には異常がみられません。次に発汗や手足の震え、めまい、ほてりなど、あらゆる症状がでるといっても過言ではありません。これらの症状は突然に発症し、数分から数十分後に消失します。そのため、仮病ではないかと疑われることも少なくありません。しかし、本人にとっては重要な問題で、死んでしまうのではないかと思えるほどの苦しさをともないます。

意識障害について

意識障害とは、ものごとを正しく理解することや、周囲の刺激に適切に反応できない状態です。意識には清明度、広がり、質的がありますが、一般的にいわれる意識障害は清明度の低下をいいます。意識障害の広がりの低下は、催眠や昏睡、失神などをいいます。また質的な障害はせん妄やもうろうなどをいいます。いずれの意識障害も、日常生活で起こりうることです。意識に対する解明は、医学的にはなされていません。哲学の分野ではさまざまな研究がされていますが、完全に解明できたとはいえない状態です。意識障害を起こすメカニズムは、清明度と質的なものに対しての研究がすすんでいます。昏睡などの意識障害からの覚醒には、脳幹が関係していることがわかっています。脳幹には、あらゆる感覚刺激に対する入力があり、この部分が正常に機能することで、意識障害から覚醒すると考えられます。また質的な意識障害は、大脳皮質全体に問題があるといわれています。意識障害を起こす場合は、このどちらかか両方が障害されていると考えられます。基本的に意識障害の人をみた場合は、脳幹、大脳皮質、全身性疾患の3つが関係していると思っていいでしょう。すぐに覚醒する場合もありますが、だんだんに意識がはっきりしてきます。

解離性障害について

解離性障害とは、心に深い傷をおったとき、自己防衛のために自分の同一性を失う神経症の一種です。一般的に多重人格といわれるものを、解離性同一障害といいます。解離性障害には、ほかにいくつかの症状があります。もっとも多いのは解離性遁走という症状です。本人には、遁走中の記憶はありません。しかし、遁走中の行動は周囲から見れば正常に見えることが多く、周囲が気づくことはほとんどありません。遁走時の記憶が思い出されることはまれで、記憶のないことが社会的機能に障害をきたすこともあります。解離性障害のひとつに、離人性障害もあります。これは、自分の体から離脱して、自分の行動を傍観者のように感じるものです。これは持続的、反復的な体験で、現実検討能力は正常に保たれています。したがって、周囲が気づくことはないといっていいでしょう。
ただ本人としては離人症状を苦痛に感じ、社会機能に障害を生じます。離人は、もともと人間がもっているものです。何かに集中しているとき、周囲のことがみえなくなるなど日常生活に密接的な関係があります。しかし離人性障害では日常生活に支障をきたすこともあり、ほかの人格障害とも関係があることもわかっています。

最新登録サイト表示

# サイト名 PR リンク

TOP紹介サイト

# サイト名 PR リンク

登録フォーム

ページランク7以上の方が申し込みできます。

下記リンクタグを掲載後にお申し込みください。

<a href="http://www.forex-option-trading.com/" target="_blank">http://www.forex-option-trading.com/</a>

サイト名と紹介文
( 30 文字以内 )

タグ [ < ,> ] は使用不可。 編集・削除機能はありませんので慎重に!
登録ページURL
末尾が 「 / 」 のURLしか登録できません。